肩こり・ストレス

2019/07/11 ブログ

こんにちは!

会館整骨院の町田です。

 

今日は【ストレス】について

細胞の力でストレスに打ち勝つ!!

 

人間がストレスを受けた時には

ホメオスタシス(恒常性維持機能)が

働き身を守ります。

 

免疫系

自律神経系

内分泌(ホルモン)系

の共同作業です。

 

特に

抗ストレスホルモンと呼ばれる

副腎皮質ホルモンは重要です。

 

このホルモンの原料は

コレステロールです。

これを作るのに酵素と言う

タンパク質・ビタミン・ミネラルの

複合体が必要です

 

さらにミトコンドリアで作られる

ATP(エネルギー通貨)も必要です。

 

その為には、

細胞の環境が良好であり

栄養分子の補強が十分にあることが

必須です。

 

ストレスは決して

心だけの問題ではありません。

体(細胞)の問題でもあるのです。

           坂井学先生談より

本日も最後までご精読ありがとうございます。

感謝致します。