熱中症に気を付けて

2019/07/19 ブログ

 こんにちは!

 会館整骨院の町田です。

 前回に引き続き

 【熱中症に気を付けて】と

 題して

 【幼児・小児における熱中症とその対策】

 

 幼児・小児は体温調節機能が十分に発達

 しておらず、熱中症のリスクが高いので

 十分な注意が必要です。

 また、成人に比べて発汗機能や腎機能が

 未熟なため、気温が高いと体温が

 上昇しやすくなっています。

 

 対策として、

 顔が赤かったり、汗をたくさんかいている

 ように見えるときには、涼しい環境下で

 十分休息させる。

 放熱し易い服装を選択し、環境に応じて

 衣服の着脱をする。

 水分とともに塩分の補給も重要。

 汗を沢山かいている時は経口補水液等

 をこまめに飲ませる。

 日頃から適度に外で遊ばせ、

 暑さに慣れさせる。

 

 この様に幼児・小児に関しては

 特に十分観察するようにしましょう。

 

 本日も最後までご精読ありがとうございます。

 感謝致します。