食品のウソ

2019/10/22 ブログ

こんにちは!

会館整骨院の町田です。

またまた台風が発生してますが

前回の台風被害の方達の更なる

被害が無いことを願います。

 

さて、前回に続き【トランス脂肪酸】

について、このプラスチックに似た

構造の不自然極まりない油脂。

海外では、最も危険視されている油。

そんな【トランス脂肪酸】を多く含む

食品トップ10として、

1.マーガリン、ショートニング等

2.粉ミックス(ケーキ用小麦粉等)

3.インスタントラーメン・インスタントスープ

4.ファーストフード(フライドポテト等)

5.冷凍食品

6.オーブン食品(ドーナツ・パウンドケーキ)

7.スナック菓子(ポテトチップス等)

8.シリアル(オートブラン等)

9.クッキー・チョコレート

10.トッピング(ホイップクリーム・

  コーヒーフレッシュ・ドレッシング)

           参考:山田豊文著『病気が嫌なら油を変えなさい!』

【食品の原材料に表示されるトランス脂肪酸名】

植物油脂・植物油・ショートニング・マーガリン・

ファストスプレッド・水素化油脂・食用精製加工油脂など

ほとんどの方が口にしていると思います。

ぞっ!としますね。

本日も最後までご精読ありがとうございます。

感謝致します。