薬の話

2019/11/22 ブログ

こんにちは!

会館整骨院の町田です。

今日は、医療機関でよく使われる

睡眠薬や安定剤について気になる

文書があったのでご紹介致します。

 

 安定剤(ベンゾジアゼピン系)は

 筋弛緩作用(筋肉の緊張を緩める作用)が

 あるので、肩や首のコリ、頭痛などを訴える

 人に処方される薬ですが、この成分は

 麻薬類似物質だそうです。

 だからこそ、依存性や禁断症状だけでなく

 筋弛緩作用もあるのです。

 このよく処方される安定剤を継続使用していると

 どうなるのでしょう?

 

【首・肩のコリ】安定剤を使う筋弛緩作用で筋肉が緩む

 ⇒コリが解消  そして、コリがあるたびに安定剤を使う

 ⇒筋肉が薬に頼るようになる筋肉はどんどん硬直

 ⇒硬くなる⇒⇒安定剤に依存⇒⇒禁断症状でやめられなくなる。

 

 この様な向精神薬を口にするのは、、、❓

 皆さんどうでしょうか❓

 気をつけましょうね。!!

 

 本日も最後までご精読ありがとうございます。

 感謝致します。