ワクチンに含まれる物質

2020/01/16 ブログ

こんにちは!

会館整骨院の町田です。

今日は予防接種ワクチンに含まれる物質として

ワクチン情報をお届け。

 

ワクチンに含まれる物質例

1.ウィルス(動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス)

2.水銀(水銀は神経毒で、世界中のインフルエンザワクチン

    (複数回を摂取するタイプ)に入っている。その他の

    ワクチンにも微量の水銀が残留している。

3.アルミニウム(アルミニウムは骨、骨髄、脳の変性を起こす

       可能性のある毒)

4.サルやイヌの腎臓トリやウシ、ヒトの毛髪、蛾の細胞。

5.ホルムアルデヒド(防腐剤)

6.ポリソベール80(メスのネズミで不妊症、オスのネズミで

        睾丸の萎縮を引き起こすことが判明。

7.その他 抗生物質、着色料、安定剤、賦形剤(水、アルコール

       グリセリンなど)等張化剤(塩化ナトリウムなど)

       乳化剤、リドカインなど、希釈剤、緩衝材など。

     ワクチンは体に悪そうな毒物がたっぷり‼

             TKサービス社 野口共成氏提供

本日も最後までご精読ありがとうございます。

感謝致します。